JOYSOUND、外国国歌配信拡充 ラグビーで注目

中部
2019/10/21 15:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ブラザー工業傘下でカラオケ機器「JOYSOUND」を販売するエクシング(名古屋市)は外国国歌の配信数を拡充する。中国やメキシコなどの国歌を新たに加え、自社が運営するカラオケ店など約6000店舗で配信する。2020年夏に開く東京五輪・パラリンピックを見据え、日本に住む外国人や訪日客のカラオケ需要を取り込む。

エクシングはカラオケ店や飲食店などに業務用のカラオケ機器を販売しているほか、自社でも「JO…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]