プーチン大統領、中東の調停役に躍り出た思惑
編集委員 坂井光

坂井 光
Nikkei Views
編集委員
2019/10/23 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米軍のシリア撤退がロシアに幸運をもたらしている。空白を埋めるように軍を派遣、22日にはトルコとの首脳会談を主導するなどシリア安定に向けた調停役を演じ始めた。アラブの大国サウジアラビアやその宿敵イランとも良好な関係を築くなど中東での存在感は一気に高まっている。

事態は10月6日に急転した。トランプ米大統領がエルドアン・トルコ大統領との電話会談後、米軍のシリア北部からの撤退を発表。トルコは9日、敵対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]