バイオマス発電は普及するか 秋田で見た成功例と課題

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バイオマス発電に対する関心が高まっている。大型台風が相次ぎ上陸するなど気候変動リスクが強まるなか、太陽光や風力に比べ天候に左右されない電源となる。秋田市にある「国産」のバイオマス発電所は地元と連携を深め、事業を軌道に乗せた。一方、固定価格買い取り制度(FIT)の認定を受けた案件の8割は稼働していない。秋田市の発電所や周辺を歩き、普及の可能性と課題を探った。

秋田県央にある秋田空港から日本海側へ車…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]