「オレは聞いてない」 病院再編、虎の尾踏んだ厚労省
編集委員 大林 尚

霞が関エックス線
大林 尚
コラム(経済・金融)
編集委員
2019/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 橋本岳厚労副大臣(左奥)の説明を聞く自治体や病院の関係者ら(10月17日、福岡市)

橋本岳厚労副大臣(左奥)の説明を聞く自治体や病院の関係者ら(10月17日、福岡市)

宮仕えの身なら一度や二度は覚えがあろう。そんな話は聞いていないという上役のひと言で、実現間近だと思っていたプロジェクトが仕切り直しになる――。

9月下旬、厚生労働省は地方自治体が経営する公立病院と日赤などの公的病院について、再編や統廃合を議論する必要があるとみている424の病院を名指しして公表した。心疾患、脳卒中、救急など9分野の高度医療について、2017年6月のレセプト(診療報酬明細書)データを分析し「診療実績が乏しい」「代替する民間病院が近くにある」などの基準をもとに選び出した。

これが文字どおり「聞いていない」問題を引き起こした。名指しされた側の大半が424の名前を唐突に出してきたと受けとめたのだ。再編や統廃合について、各病院をかかえる自治体や医療圏での議論の材料にしてほしいという厚労省の意図は、たちどころに吹き飛んでしまった。

【関連記事】 424病院の「再編」案 厚労省・地方、強まる対立

「ウチは閉鎖対象なのか」(リストに載った病院の院長)、「なぜ民間病院の名前は出さないのか」(該当する自治体の首長)、「地域住民や患者に説明できないじゃないか」(地方議会の議員)といった抗議の声が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]