リーチ主将「8強は誇り」 ラグビー日本代表会見

ラグビーW杯
2019/10/21 12:24
保存
共有
印刷
その他

記者会見するラグビー日本代表のリーチ主将(前列右)ら(21日午前、東京都港区)

記者会見するラグビー日本代表のリーチ主将(前列右)ら(21日午前、東京都港区)

ラグビーワールドカップ(W杯)を初のベスト8の成績で終えた日本代表は21日、東京都内で記者会見を開き、31人の桜の戦士は晴れやかな表情を見せた。主将のリーチ・マイケル選手(31)は「キャプテンとして誇りに思う」と胸を張った。

会見の冒頭、ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏(49)は、強豪を次々と破る日本代表の快進撃について「国民の熱い応援なくして目標は達成できなかった」と感謝を述べた。

リーチ選手は日本の活躍に列島が沸いた1カ月を振り返り「日本代表になりたい子どもが増えればいい」と期待を込めた。「(目標の)ベスト8のためにいろんなことを犠牲にした」と述べたうえで、一段の好成績を追い求めるには「強さを継続していくことが大事」と力を込めた。

3大会連続で出場した田中史朗選手(34)は「若い良い選手はたくさんいるので、皆さんに夢と希望を与えられるチームになっていくと思う」と話し、にこやかな表情を浮かべた。

【関連記事】
ラグビーW杯、日本4強ならず 南アフリカに3-26
桜の快進撃、終幕 本気の南アに後半力尽きる
桜の戦士たち 戦い終えて語った言葉
稲垣屈強、攻守で力出し切った 南アにひるまず
不屈の精神に拍手と涙 ラグビーW杯「夢ありがとう」
南アフリカ戦の激闘、写真で振り返る ラグビーW杯

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]