/

中国での邦人拘束認める 官房長官「できる限り支援」

菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、40代の日本人男性が9月に中国当局に拘束されたと認めた。菅氏は「事柄の性質上、詳細は控える」と述べたうえで「邦人保護の観点から領事面会や家族との連絡などできる限りの支援をしている」と語った。男性は北海道大で教授を務め、外務省や防衛省防衛研究所に勤務歴がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン