豪メディア黒塗りの記事掲載 報道機関への捜査に抗議

南西ア・オセアニア
2019/10/21 11:21
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】オーストラリアの主要メディアが21日、一斉に報道の自由を訴えるキャンペーンを行った。豪紙「オーストラリアン」や「シドニー・モーニング・ヘラルド」などが1面にほとんどの単語が黒く塗りつぶされた記事を掲載したほか、テレビやラジオ局も意見広告を流した。豪連邦警察が6月、報道内容を巡り記者の自宅や放送局を家宅捜索したことへの抗議キャンペーンの一環だ。

豪紙オーストラリアンなどは「検閲」した記事を1面に掲載

キャンペーンは豪公共放送ABCやオーストラリアンを発行するニューズ・コープ・オーストラリアなど5社とジャーナリストによる組合が「ユア・ライト・トゥー・ノウ(あなたの知る権利)」の名前で展開している。

豪連邦警察は6月、アフガニスタンに派遣された豪特殊部隊が違法に民間人を殺害したとのABCの報道に関し、ABC本部を家宅捜索した。その前日には、政府が情報機関により強い監視権限を与えることを検討しているとの報道に関連してニューズ・コープ社記者の自宅も家宅捜索した。これを受け、メディアは報道機関や内部告発者への圧力だとして一斉に反発していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]