電池やろうそく売れ行き20倍 台風19号で買いだめ

2019/10/21 11:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風19号が東日本に接近していた今月11~12日、首都圏のスーパーでは電池やろうそくの販売金額が前年比20倍前後に達していたことが日経POS(販売時点情報管理)の分析でわかった。飲食料品でも水が前年比5倍、マグロ缶詰が同8倍を記録した。企業は欠品が予想される商品の発注を増やすなどの対応をとったが、災害時の供給体制には課題も残った。

12日夜から13日未明に東日本を縦断した台風19号は事前に過去最…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]