ブラジル航空大手GOL、1割増収目指す 国際線拡大

2019/10/21 9:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ブラジルの航空大手GOL(ゴル)航空は、2022年まで売上高で年率1割超の拡大を目指す方針だ。リチャード・ラーク最高財務責任者(CFO)が都内で日本経済新聞の取材に応じて明らかにした。ブラジル経済の緩やかな回復を背景に、拠点となるブラジルと米国や他の中南米を結ぶ「国際線を強化していく」と述べた。

ゴルの18年12月期の売上高は前の期比11%増の114億1100万レアル(約3千億円)だった。ラーク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]