/

シリアのクルド、要衝撤退 トルコ、作戦再開また警告

【イスタンブール=共同】シリアの少数民族クルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」は20日、トルコ国境に接する北東部の要衝ラス・アルアインから部隊が完全撤退したと発表した。17日に米国とトルコが結んだシリア北部の停戦合意に沿った動き。

ただ合意によってクルド人勢力が撤退する必要のある範囲が明確でなく、今後の展開は不透明。トルコのエルドアン大統領は20日、合意内容が実行されなければ、22日まで一時停止するとした軍事作戦を再開すると改めて警告した。

ラス・アルアインは、クルド人勢力の掃討を狙って9日にシリア北部に侵攻したトルコ軍が当初の標的とした町の一つ。シリア人権監視団(英国)も20日、SDFがラス・アルアインから撤退したと発表した。

エルドアン氏は演説で、米国が今回は約束を守ると期待していると述べた。シリア北部で約1500平方キロをトルコ側が掌握したとも語った。

米国が過激派組織「イスラム国」(IS)掃討で連携してきたクルド人勢力は、シリア北部テルアビヤドからラス・アルアインまでの約120キロを停戦合意に基づく撤退範囲とする。一方、トルコ側はシリア北部からイラク国境までの長さ444キロ、幅32キロが、クルド人勢力を排除してトルコが管理する「安全地帯」の範囲だとしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン