スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

50歳・武、光る熟練の技 菊花賞最年長V

2019/10/20 23:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ひと言で(いえば)騎手がうまいですよね」。最後の一冠を制したワールドプレミアの友道康夫調教師は勝因を問われ、こう答えた。この言葉通り、50歳7カ月6日という菊花賞の最年長優勝記録を更新した武豊の熟練の技が光った一戦だった。

【関連記事】武豊騎乗のワールドプレミアがG1初V 競馬の菊花賞

18頭中5番という内枠を生かした。「(馬群の)外を回って勝つイメージではなかった」という武豊は好スタートを切っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

北海道日高町のヴェルサイユファームで余生を過ごすGI馬「ローズキングダム」

 競走馬生産のヴェルサイユファーム(北海道日高町)が不特定多数から小口資金を調達するクラウドファンディング(CF)で現役を引退した競走馬の飼育環境改善に乗り出した。集めた資金は老朽化した厩舎の建て替え …続き (11日 1:00)

第44回エリザベス女王杯で(右から)1着のラッキーライラック、2着のクロコスミア、3着のラヴズオンリーユー(10日、京都競馬場)=共同

 第44回エリザベス女王杯(10日・京都11R2200メートル芝18頭、G1)3番人気のラッキーライラック(クリストフ・スミヨン騎乗)が2分14秒1で制してG1・2勝目を挙げ、1着賞金1億500万円を …続き (10日 17:08)

 第55回福島記念(10日・福島11R2000メートル芝16頭、G3)1番人気のクレッシェンドラヴ(内田博幸騎乗)が1分59秒5で優勝し、重賞初制覇を果たした。
 道中、中団の外を進んだクレッシェンドラ …続き (10日 16:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]