スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

50歳・武、光る熟練の技 菊花賞最年長V

2019/10/20 23:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ひと言で(いえば)騎手がうまいですよね」。最後の一冠を制したワールドプレミアの友道康夫調教師は勝因を問われ、こう答えた。この言葉通り、50歳7カ月6日という菊花賞の最年長優勝記録を更新した武豊の熟練の技が光った一戦だった。

【関連記事】武豊騎乗のワールドプレミアがG1初V 競馬の菊花賞

18頭中5番という内枠を生かした。「(馬群の)外を回って勝つイメージではなかった」という武豊は好スタートを切っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)は15日、中京競馬場で行われた第6レースでシーシーサザンに騎乗して1着となり、JRA所属馬で中央、地方競馬を合わせて、2016年のデビュー以来通算10 …続き (15日 17:49)

第71回朝日杯フューチュリティステークスで優勝したサリオス(15日、阪神競馬場)=共同

 第71回朝日杯フューチュリティステークス(15日・阪神11R1600メートル芝16頭、G1)1番人気のサリオス(ライアン・ムーア騎乗)が1分33秒0で優勝、デビューから3連勝でG1初制覇を飾った。1 …続き (15日 17:19)

 第5回ターコイズステークス(14日・中山11R1600メートル芝16頭、G3)3番人気のコントラチェック(クリストフ・ルメール騎乗)が1分32秒2で優勝し、重賞2勝目を飾った。
 コントラチェックはダ …続き (14日 16:39)

ハイライト・スポーツ

[PR]