/

この記事は会員限定です

プラごみ・違法漁業など海洋ルールづくり 国連勧告めざす

[有料会員限定]

日本やノルウェー、オーストラリアなど14の海洋国が持続可能な海洋に向けたルールづくりに乗り出す。2020年6月にポルトガルで開く国連海洋会議でプラスチックごみや違法漁業、気候変動などへの対策を盛り込んだ勧告をまとめ、その後の国際的な規制論議の基礎にする狙いだ。

日本は6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で50年までに海洋プラスチックごみの新規流出をゼロにする目標で合意した。まず14カ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン