/

この記事は会員限定です

中国ネット統制、一帯一路へ GPSや5G技術提供

SNS監視など参加国にもメリット

[有料会員限定]

【浙江省烏鎮=多部田俊輔】中国政府が主催する世界インターネット大会が20日、浙江省烏鎮で開幕した。米国との対立が長期化する中、習近平(シー・ジンピン)指導部はネット統制で国内につくり上げた独自のネット空間を、中国と欧州を結ぶ広域経済圏構想「一帯一路」域内の国々に広げる動きを加速する。米中のデジタル覇権を巡る戦いが激化しそうだ。

「共同でネット空間のグローバル管理を進め、ネット空間の運命共同体の構築...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1617文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン