介護のVR教材制作 ジョリーグッド、外国人材向け

2019/10/21 1:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

映像制作のジョリーグッド(東京・中央)は2020年から、外国人労働者向けのVR(仮想現実)教材事業に乗り出す。まず介護士育成用のVRを作り海外の教育機関などに販売する。臨場感あるVRの表現で、日本語を勉強中の外国人にも分かりやすく介護技術を伝える。他業種向けにもVRを使った教材を制作していく。

同社は19年から国内の介護施設向けのVR教材「ケアブル」を販売している。このほど大阪府内の社会医療法人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]