/

19歳アマ古江がツアー初優勝 富士通女子ゴルフ

女子ゴルフのツアー第33戦、富士通レディースは20日、千葉県東急セブンハンドレッドC西(6675ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位と1打差の2位から出たアマチュアの19歳、古江彩佳が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算17アンダー、199として逆転優勝を果たした。

富士通レディースで優勝し、カップを手に笑顔の古江(20日、千葉県の東急セブンハンドレッド)=共同

女子ツアーでのアマ優勝は昨年7月のセンチュリー21女子を制したクリスティン・ギルマン(米国)以来。日本人では16年日本女子オープンを勝った畑岡奈紗以来、通算5人目。2000年生まれで兵庫・滝川第二高を今春卒業した古江はプロテスト1次、2次予選とも地区トップで通過し、11月の最終プロテスト受験を控えていた。今回の優勝でプロテストが免除されるため、このままプロ転向するとみられる。

古江と2打差の2位に稲見萌寧と三ケ島かな、さらに2打差の4位に高橋彩華が入った。2連覇がかかっていた成田美寿々は通算6アンダーの17位、富士通所属の柏原明日架は同5アンダーの23位で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン