プロ野球

ソフトバンク先勝、千賀好投に打線奮起 日本シリーズ

2019/10/19 23:17
保存
共有
印刷
その他

二回1死、阿部への初球。シュート回転して高めに入った152キロを右中間席に運ばれた。順調に立ち上がったソフトバンク千賀だったが、この一打で調子が狂う。

続く大城を歩かせるなどストライクを取るのに苦しみ始め、グラシアルに逆転2ランが飛び出した直後の三回も2四球で2死一、二塁。4番岡本を迎えた。

巨人戦に先発したソフトバンク・千賀=共同

巨人戦に先発したソフトバンク・千賀=共同

空振り2つの後、決め球が決まらない。5球目の暴投で走者三塁と追い詰められたが、踏ん張る。フルカウントからの1球は厳しい内角へ150キロ超の直球。力ない遊ゴロでピンチを脱した。

四~六回はスライダーやカットボールを軸にいずれも三者凡退。七回には2死二、三塁と同点のピンチを背負ったが、代打重信を三振に仕留め、バトンを渡した。

本調子から遠いなかでも結果は7回1失点。光ったのは"リスク管理"だ。イメージ通りに投げられないことを受け入れ、阿部に打たれた後は、コースと高さ、間違えるにしてもどちらかひとつ。長打回避を最優先し、四球やむなしと割り切っていた。ソロ4発に沈んだ楽天とのCSで得た収穫でもあったか。

「調子はあまり良くなかったが、捕手の(甲斐)拓也がいい部分を引き出してくれた」。千賀は謙遜したが、調子が悪いときの投球にこそ投手のレベルは表れる。2試合続けて5回もたずに降板した昨年の日本シリーズから確かな成長を示す106球だった。

(吉野浩一郎)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

メキシコ戦の5回、3点二塁打を放つ韓国・金賢洙(15日、東京ドーム)=共同

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」は15日、東京ドームで2次ラウンドの2試合が行われ、韓国(1次ラウンドC組1位)がメキシコ(A組1位)を7―3で破ったことにより、3勝1敗の日本(B …続き (15日 22:55)

美馬学投手=共同

 楽天から国内フリーエージェント(FA)権を行使した美馬学投手(33)がロッテに移籍することが決定的となっていることが15日、分かった。関係者によると美馬は10月に第1子が生まれ、家族の生活環境を重視 …続き (15日 20:40)

オリックスへの入団が決まり、「一生百錬」と記した色紙を掲げる沖縄・興南高の宮城大弥投手(15日、那覇市)=共同

 オリックスからドラフト1位指名された沖縄・興南高の宮城大弥投手(18)=172センチ、80キロ、左投げ左打ち=の入団が15日、決まった。那覇市内のホテルで交渉し、契約金8千万円、年俸770万円で合意 …続き (15日 18:58)

ハイライト・スポーツ

[PR]