格安スマホの弱点解消へ、消費者メリット広がる期待

2019/10/19 22:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省は格安スマホ事業者の通話サービスを安く提供できるようにする方針を打ち出した。通信業界では、消費者のメリットは大きいとみられている。格安スマホはデータ通信料は携帯大手の半額以下だが、音声通話料は携帯大手より割高だった。これで本格的に「格安」になれば携帯大手との競争が促され、消費者の選択肢がより広がる。

「数年来の要望に総務省がようやく動いてくれた。歓迎したい」。格安スマホ事業者の幹部はいう。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]