既存薬、別の効能をAI予測 武田薬品など

2019/10/19 21:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を活用し、既存の薬を別の病気に転用する取り組みが急速に広がってきた。薬の化学構造や遺伝子解析情報といったビッグデータと医薬のAI技術の進歩により、転用先の予測ができるようになってきたためだ。すでに医薬品として安全性が確立されたものを転用するため開発のコストの抑制や時間の短縮が期待できる。

既存薬を別の病気に転用する手法は「ドラッグリポジショニング(DR)」と呼ばれる。本来は高血圧…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]