五輪監督らスポーツの魅力語る 大阪で新聞週間の集い

2019/10/19 19:03
保存
共有
印刷
その他

日本新聞協会と協会加盟の在阪新聞・通信・放送20社は19日、第72回新聞週間「記念の集い」を大阪市内で開いた。アテネ・北京五輪バレーボール全日本女子監督の柳本晶一さんらが、スポーツが人々や地域の活力を高める効果について語り、約460人が耳を傾けた。

柳本さんは「ラグビーワールドカップや東京五輪ではピュアな感動を得られる」と指摘。その効果を2021年のワールドマスターズゲームズ関西につなげ「自分も(スポーツが)できると勇気を得てほしい」と訴えた。シドニー・アテネ五輪のアーティスティックスイミング銀メダリスト、巽樹理さんは「幅広い年代の人々がスポーツに参加すれば、健康寿命を延ばす機会になる」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]