いわき市、氾濫川で突然避難指示 「勧告」出しそびれ

台風19号
2019/10/19 18:25
保存
共有
印刷
その他

夏井川の氾濫で8人の犠牲が出た福島県いわき市が、担当者間で事務手続きに時間がかかったため避難を促す「避難勧告」を出しそびれ、緊急度が1段階上の「避難指示」をいきなり発令する事態になっていたことが19日、市への取材で分かった。

水位上昇のスピードが予想以上だったことも要因の一つ。被害があった地域で避難の遅れにつながった可能性もある。

市によると、夏井川の市内上流部では、内規で避難勧告とする水位に達したのが12日午後7時20分ごろ、市内下流部では午後9時前ごろだった。本来すぐに出されるべきだった避難勧告は発令されず、上流部の地域では午後8時半、下流部の地域には午後9時40分に避難指示が出された。

市は12日午後3時10分、崖や山に近い住民に対し「土砂災害の危険が高まっている」として避難勧告を出した。午後3時20分には、夏井川以外の河川に関し「今夜中に氾濫の恐れがある。対象河川沿線の方は避難してください」との避難勧告を出していた。

夏井川の市内部分では避難勧告を飛ばす形で避難指示が出た経緯に関し、上流部の市小川支所の幹部は「避難勧告発令を本庁舎へ要請した時、書類手続きの不備を指摘され時間がたつうちに避難指示を出す水位になってしまった」と証言した。

市本庁の担当者は「夏井川は川幅が大きく水位上昇に時間がかかると考えていたが、想定以上に上昇のスピードが速かった。内規の目安にとらわれず総合的に判断し、早めに避難勧告を出すべきだった」と打ち明けた。

4人の死者が出た夏井川下流域の平下平窪地区の住民によると、13日午前2時ごろから浸水が始まった。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]