スポーツ団体のガバナンス 官主導の実態
相次ぐトラブル 厳しい上下関係、人材不足も一因

法務インサイド
法務・ガバナンス
2019/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

テコンドー、体操など相次ぐトラブルに直面するスポーツ界が、官主導で定められたガバナンスコードに揺れている。スポーツ庁が今年6月、公表した「スポーツ団体ガバナンスコード」は表向き、競技団体の自主性が重んじられているが、組織運営に改善がみられないと補助金が減らされる可能性が指摘されている。

スポーツ団体ガバナンスコードは、超党派のスポーツ議員連盟の提言を受けて定められた。国内で各競技を統括する日本オ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]