福島の工業団地、企業の洪水対策及ばず 86年にも被災

台風19号
2019/10/21 5:00
保存
共有
印刷
その他

台風19号による阿武隈川の氾濫によって東北地方では福島県郡山市の中央工業団地が大きな被害を受けた。一帯は1986年にも台風から転じた温帯低気圧による洪水で浸水した経緯があり、防水用のゲートを設けるなどの備えをしていた企業も多かった。しかし予想を超す水位に対策が及ばなかった例が目立ち、被害を防げなかった。

郡山中央工業団地(中央)は一時1~2メートル冠水した(13日、福島県郡山市)=国土地理院の空撮

郡山中央工業団地(中央)は一時1~2メートル冠水した(13日、福島県郡山市)=国土地理院の空撮

発生の日付から「8.5水害」と呼ばれる86年の水害により、郡山中央工業団地は1メートル強の冠水に見舞われた。

こうした経験から電子部品の材料を生産するパナソニックは工場の周囲を高さ約2メートルの塀で囲み、入り口に金属製の防水ゲートを設けていた。今回の水害でゲートはしばらくは持ちこたえた。だが水かさが増すにつれ水圧で水が浸入するようになり、最後は水がゲートを乗り越えたという。

パナソニックが洪水対策のため設置した正面ゲート(15日、福島県郡山市)

パナソニックが洪水対策のため設置した正面ゲート(15日、福島県郡山市)

日立製作所の情報機器関連のグループ企業が集まる一角は、生産設備を守る形で敷地内に土手を築いていた。豪雨が続くなかで土手は冠水を防いでいたが、台風が通過した後に阿武隈川の水位がさらに上昇して水が流れ込んだ。

両社とも復旧に力を入れているが、時間がかかる見通しだ。

14日午前の郡山中央工業団地。この時点で水はかなり引いている

14日午前の郡山中央工業団地。この時点で水はかなり引いている

幸楽苑ホールディングスの場合、工場や事務棟の床を高く設計しており、建物内への浸水は限定的だった。しかし工場の電気系統のいずれかの部分が水で破損し、操業が止まった。月内の生産再開をめざして復旧作業が続いている。

日立製作所グループの工場も浸水を食い止めることができなかった(15日午後)

日立製作所グループの工場も浸水を食い止めることができなかった(15日午後)

企業関係者の多くが「備えをしていたのだが実際の水位が予想を超えた」(パナソニック)と落胆する。86年の水害は50年ぶりの規模といわれただけに、その水準を大幅に上回る対策は立てにくかったようだ。

郡山市が中央工業団地への企業誘致を進めた1960年代から80年代は家電ブームとその後の国主導のテクノポリス構想に乗ってハイテク企業の工場建設が急増していた。全国での用地不足に加え、市の中心部に近く通勤に便利な中央工業団地は企業の人気を集めた。現在の進出企業は約150社にのぼる。

ただ中央工業団地は阿武隈川と支流の谷田川に挟まれ、市内でも標高が低い地域だ。戦前は海軍の飛行場と訓練施設があった場所で工業団地をつくる目的で開発されたわけではない。工業団地の南には過去に河川が蛇行していたことを示す三日月湖が残る。

一方、市内の高台にある郡山西部第一と同第二工業団地は今回の台風で大きな被害が発生していない。標高や地形で明暗が分かれた格好だ。

86年の水害による中央工業団地の被害額は立地した約100社の合計で300億円強といわれた。今後被害の状況が明らかになるにつれ、企業の間で同団地の立地先としての適性を問う声があがるのは避けられそうにない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]