/

この記事は会員限定です

弱気の原油相場、年末は35ドルまで下落?

多面鏡

[有料会員限定]

株式や商品市場には「行って来い」という言葉がある。相場が大きく上昇しても、その後すぐに下げてもとの水準に戻ってしまったことを意味する。

原油相場は行って来いどころか、サウジアラビアの石油施設が9月14日に攻撃を受ける前よりも安くなった。10月初めには米原油先物(期近)が一時1バレル50ドル台、欧州のブレント先物が56ドル台とともに8月上旬以来の安値をつけた。先週末時点でも60ドルを下回ったままだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン