/

北海道大教授を中国が拘束、9月に スパイ容疑か

【北京=羽田野主】北海道大で教授を務める40代の日本人男性が9月に北京を訪問した際に、中国当局に拘束されたことが18日、わかった。日中関係筋が明かした。教授は外務省や防衛省防衛研究所に勤務歴がある。反スパイ法などに問われている可能性がある。準公務員である国立大の教員が拘束されたのは初めてとみられる。

中国は国内での外国人の情報収集への取り締まりを強化している=ロイター

教授はいまも拘束されており、日本政府が情報収集に当たっている。中国近現代史などを専門にしているという。

中国当局は2014年に反スパイ法を定め、15年から国家安全法を施行。中国国内での外国人の情報収集への取り締まりを強化している。15年以降、13人の日本人が拘束され、そのうち9人が起訴されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン