日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月13日 146.165 -0.676

[PR]

商品ニュース

ザクロ 9割米国産、今年は豊作

コラム(社会・くらし)
2019/10/19 2:00
保存
共有
印刷
その他

甘酸っぱい味のザクロが店頭に並びはじめた。種ごと食べられる粒々とした食感が特徴だ。秋に実がパカッと割れ、赤い果肉をのぞかせる。日本には平安時代に伝わったとされ、福島県や広島県を中心に栽培してきた。現在日本で流通する9割以上は米国産だ。

一大産地はカリフォルニア州。赤くて大きな「ワンダフル」という品種を主に栽培しており、出荷がピークとなる11月は「ワンダフル月間」と呼ばれる。農林水産省によると、1980年代は日本で5トン前後収穫されていたが、安く甘みが強い外国産の輸入が増えた影響もあり、2000年代には1トンを下回った。現在は和歌山県などの一部で栽培されているほか、山梨県で新たな特産品にしようと取り組みが進む。

カリフォルニアざくろ協会に聞くと、18年の輸出量は日本向けだと600トンほど。19年は豊作で、約730トンになる見込みという。大型の量販店やネット通販などで1ケース(6玉入り)2000~4000円で購入できる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム