土砂崩れ、3世帯6人孤立 三重県で記録的大雨情報

2019/10/18 23:52 (2019/10/19 8:10更新)
保存
共有
印刷
その他

三重県南部で18日夕から夜にかけて猛烈な雨が降り、同県紀北町の県道で土砂崩れが発生、同町によると、3世帯6人が孤立した。町内を流れる銚子川は一時、氾濫危険水位に達し、全域の8139世帯1万5824人に避難勧告を出した。

気象庁は18日、午後9時30分までの1時間に、三重県熊野市で120ミリ以上、紀北町で約120ミリの雨を観測したとの記録的短時間大雨情報を発表した。

紀北町などによると、同町では18日午後5時20分ごろ、県道沿いの山で幅約20メートル、高さ約10メートルにわたって土砂が崩れているのが見つかった。

同県尾鷲市は一時、全域の9353世帯1万7649人に避難指示を発令。市によると午後9時40分ごろ、同市三木里町を流れる沓川が氾濫したと住民から通報があり、市などが確認を進めている。市内の別の場所では住宅3棟が浸水したとの情報もある。

同県御浜町も、町内を流れる川が氾濫する危険性があるとして一時、全域の4181世帯8531人に避難指示を出した。

熊野市、同県大台町でも計2838世帯、5288人に避難勧告が出た。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]