増す災害の脅威 企業も気象データ分析で備え

台風19号
2019/10/18 22:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風19号は各地に大きな被害をもたらし、企業は安定した事業の継続に気象データの活用が欠かせなくなってきた。大成建設は河川工事における出水リスクを警告するシステムの開発を始めた。IHIのように詳細な気象データを提供する企業も増えてきており、人工知能(AI)やビッグデータなどを使った対策が広がりつつある。

大成建設は河川工事における現場の出水リスクをAIを活用して予測するシステムの開発を始めた。解析…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]