/

この記事は会員限定です

主要運用10社、退職慰労金に反対65% 4~6月総会

[有料会員限定]

運用会社が投資先の企業の株主総会で、役員退職慰労金の議案に厳しい態度で臨んでいる。2019年4~6月に開かれた株主総会について、大手運用会社と生命保険会社合計10社の議決権行使の結果を集計すると、反対比率は単純平均で65%で前年より13ポイント高くなった。在職年数に応じて支給する企業が多く、株主価値を引き上げる動機にならないとの見方が多い。

野村アセットマネジメント(AM)や三井住友トラストAMな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン