徳島に木造葬儀会館 ベルモニー、単価減に対応

2019/10/18 20:44
保存
共有
印刷
その他

冠婚葬祭事業を手掛けるベルモニー(高松市)は、木造建築の葬儀会館を徳島県鳴門市に開設した。1日1組の貸し切り契約にして一般葬から小規模な家族葬まで広く対応する。規模の小さな葬儀が増えて葬儀単価は減少傾向にあるため鉄筋コンクリートから変更した。需要をみて今後の店舗展開に生かす。

「ベルモニー会館 鳴門撫養」は28日から営業を始める。価格帯や故人の人柄にあわせた4プランを用意し、徳島では10会館目の展開となる。22~27日まで会館内を見学できる。

1階建てで延べ床面積は217平方メートル。7000万円を投じて建設した。葬儀単価は60万~100万円を想定しており、一般葬の平均単価100万~110万円よりも低めに設定している。

高齢化に伴い退職後に喪主を務める人が増えたため、会社の同僚が葬儀に訪れる機会が減っている。15年ほど前から規模の小さな家族葬が広がり始め、葬儀の単価は減少傾向にある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]