/

この記事は会員限定です

三菱航空機、旅客機納入6度目延期で調整 開発遅れで

[有料会員限定]

三菱航空機(愛知県豊山町)は開発中の民間旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」の初号機納入について、6度目の延期に向けて調整に入った。2020年半ばの納入を目指してきたが機体開発の遅れで国土交通省からの型式証明(TC)取得作業が長引いている。親会社の三菱重工業が外部に納入時期の再精査を依頼しており、11月中にも新たな時期を決める。

三菱航空機は開発の難航を受け、関係各所と水面下でスケジュールの再調整の協議を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン