新潟のオトノハコ 可動式音響反射板を発売

2019/10/18 19:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

音楽プロダクションのオトノハコ(新潟市)は木製の音響反射板を開発した。一般品よりも6割ほど軽く、価格も抑えた。主に楽曲の制作や音楽イベントなどの企画を手がけるオトノハコが設備の開発に携わるのは初めてで、事業の多角化を通じて売り上げ増につなげたい考えだ。

音響反射板はクラシックコンサートなどで使われ、楽器の音量や響きを増幅させて観客席に届ける役割がある。同社の音響反射板は三条市の家具メーカーに製造…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]