/

この記事は会員限定です

新潟のオトノハコ 可動式音響反射板を発売

[有料会員限定]

音楽プロダクションのオトノハコ(新潟市)は木製の音響反射板を開発した。一般品よりも6割ほど軽く、価格も抑えた。主に楽曲の制作や音楽イベントなどの企画を手がけるオトノハコが設備の開発に携わるのは初めてで、事業の多角化を通じて売り上げ増につなげたい考えだ。

音響反射板はクラシックコンサートなどで使われ、楽器の音量や響きを増幅させて観客席に届ける役割がある。同社の音響反射板は三条市の家具メーカーに製造を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン