ディスコ、シリコン基板に「諏訪姫」 加工技術PR

2019/10/18 19:57
保存
共有
印刷
その他

半導体製造装置メーカーのディスコは、シリコンウエハーを微細加工して長野県諏訪市の公認キャラクター「諏訪姫」を描き=写真、同市内で開催中の工業展示会「諏訪圏工業メッセ」で展示した。半導体製造に利用されている同社の精密加工技術力をPRした。

シリコンウエハーに描いた「諏訪姫」

同社の加工装置を使って描いた。マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルレベルの位置決め精度を持っており、少しずつシリコンを刻んで作製したという。

半導体製造ではシリコンウエハーを四角いチップに切断するのに使われている。

同社は同県茅野市内に製造拠点を持ち、新工場も建設している。今回のメッセには「実は身近な半導体!」をテーマに出展した。多種多様な製品を分解するなどして内部の半導体を紹介し、その半導体製造に欠かせない同社の装置や加工ツール類を解説した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]