中東に自衛隊派遣検討、米・イラン双方に配慮 ホルムズ海峡に触れず

2019/10/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が中東への自衛隊派遣に向けて具体的な検討に入った。米国が求めてきた中東・ホルムズ海峡を航行する船舶の安全確保に取り組む姿勢をみせる一方、イランを刺激しないよう米国が唱える有志国による連合構想には加わらない。菅義偉官房長官は18日、検討する派遣地域に関し、イランに接するホルムズ海峡やペルシャ湾に触れなかった。

イランと対立する米国はホルムズ海峡での船舶を護衛する目的の「海洋安全保障イニシアチブ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]