米テスラの家庭用蓄電池の施工会社に 日本住宅サービス

2019/10/18 20:00
保存
共有
印刷
その他

太陽光発電などの日本住宅サービス(広島県福山市)は18日、米テスラが2020年春に発売する家庭用蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」の施工会社に認定されたと発表した。11月から問い合わせを受け付ける。東京・大阪・広島・愛媛・福岡に拠点を置き、全国に工事店網を持つ強みを生かし、災害対応も見据えた蓄電需要に対応する。

パワーウォールは4人世帯の約1日分の電力消費量に当たる13.5キロワット時の蓄電容量を持ち、連続運転出力も5キロワットと電子レンジなど高出力が必要な家電にも対応する。11月から家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)期間が終了する家庭が出始め、発電電力を自家消費する需要が高まるとみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]