ライバルのアカウントは削除 ネット広告巡りトラブル

スコープ
2019/10/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

SNS(交流サイト)の他人のアカウントを無理やり削除したとして、都内の少年3人が摘発される事件があった。削除されたアカウントの持ち主の少年はダンスの映像を投稿して多くのフォロワーを獲得、年間1千万円もの広告収入があった。同様の映像を配信していた3人はフォロワーを奪う狙いだったとみられる。SNSで広告料を得る手法が広がるなか、アカウントの売買を巡るトラブルも目立ってきた。

「自分たちの投稿を見てく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]