/

この記事は会員限定です

イエローハット快走 「ドラレコ特需」だけじゃない

証券部 干場健太郎

[有料会員限定]

カー用品大手、イエローハットが快走している。タイヤ販売や車検サービスなどが好調で、2020年3月期の連結純利益は2期連続で過去最高となる見込みだ。08年に就任した堀江康生社長による改革が実を結び、売上高営業利益率は7%と業界首位のオートバックスセブンの2倍だ。時価総額も不振にあえいでいた10年余り前の13倍だ。

「ドライブが趣味なのですが、あおり運転の被害に遭うのを心配した娘がプレゼントしてくれました」(60代男性)

「仕事柄、車を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1384文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン