中国の成長減速、識者の見方 「米中摩擦、消費にも打撃」

2019/10/18 20:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の2019年7~9月期の経済成長率は6.0%となり、四半期で統計を遡れる1992年以降の過去最低を更新した。その要因と今後の見通しを専門家に聞いた。

「米中摩擦、消費にも打撃」

みずほ総合研究所・三浦祐介主任研究員 米中貿易戦争で輸出が低迷し、中国経済が減速する大きな要因となった。中国の7~9月期の実質経済成長率は想定の範囲内ではあったものの、悪い印象を受けた。

個人消費が減速を続けている。アフ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]