日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月18日 145.697 +0.234

[PR]

商品ニュース

パラジウム価格、白金の2倍に

2019/10/18 18:57
保存
共有
印刷
その他

主に触媒に使う工業用貴金属のパラジウムとプラチナ(白金)の価格差が過去最大に拡大した。パラジウムの価格は9月以降、上昇基調を強めて過去最高値を更新。足元で白金価格の2倍になった。世界的な排ガス規制の影響から需要がパラジウムに集中し、ディーゼル車向けの白金は、需要減少で上値が重い展開が続いている。

主にガソリン車の触媒に使うパラジウムの現物指標であるスポット(随時契約)価格は1トロイオンス1760ドル前後とこの1カ月で8%上昇した。中国やインドを中心とした排ガス規制への対応で使用量が増えるとの思惑が相場を押しあげている。

対照的に白金のスポット価格は同885ドル前後と6%下落。9月には金の代替投資先として物色されたが、景況感の悪化などで再び下落基調にある。2008年には1トロイオンス2240ドルと上場貴金属で最も高かった白金だが、15年9月に発覚した独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題で需要が減少している。

パラジウムと白金はともに鉱山生産量が年間200トン程度に限られる。世界的なガソリン車へのシフトでパラジウムの供給不足が深刻化し、17年9月にはパラジウム価格が白金価格を上回った。逆転から2年で価格差が2倍にまで広がった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム