東京都目黒区、知事に下水道の分流式要請 水質改善で

2019/10/18 18:56
保存
共有
印刷
その他

東京都目黒区の青木英二区長は18日、小池百合子知事との会談で、河川の水質改善に向けた分流式下水道の実現を要請した。区内の桜の名所である目黒川の根本的な水質改善のために「(分流式下水道の整備を)長期ビジョンの中で検討していただければ」と話した。

汚水と雨水が同じ管路で流れる合流式下水道では、大雨が降ると汚水の一部が川に流れてしまう。目黒川流域には合流式下水道が多く、大雨の際に悪臭の要因となっている。

小池知事は合流式が根本的な原因であるとしたうえで「治水対策と合わせて、良好な河川環境を確保することは重要だ」と述べた。河川の汚れを分解する微生物の働きを助ける高濃度酸素溶解水の導入といった水質改善対策を検討する意向も示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]