即位礼正殿の儀、174カ国が参列表明

「令和」新時代
2019/10/18 19:10
保存
共有
印刷
その他

外務省は18日、天皇陛下が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に174カ国から参列するとの表明があったと発表した。国連、欧州連合(EU)、パレスチナの代表者も出席する。190超の国や国際機関などを招待していた。

 「即位礼正殿の儀」の予行演習のため、皇居に入られる天皇、皇后両陛下=15日午後、皇居・半蔵門(代表撮影)

米国からはチャオ運輸長官が出席する。中国は王岐山(ワン・チーシャン)国家副主席、韓国は李洛淵(イ・ナギョン)首相を派遣する。英国はチャールズ皇太子、フィリピンはドゥテルテ大統領がそれぞれ来日する。

安倍晋三首相は22日の前後に各国の代表者と会談を重ねる。50カ国以上の代表者と会う見込みで、1人あたりの会談時間は10~15分程度を想定する。

韓国の李首相との会談を調整しており、李氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を安倍首相に手渡すとみられる。中国の王副主席とも意見交換する見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]