/

曙ブレーキ、上場廃止に該当せず 東証が時価総額審査

東京証券取引所は18日、曙ブレーキ工業株が時価総額審査の結果、上場廃止基準に該当しなくなったと発表した。9月19日から1カ月間の平均と、最終日である10月18日終値の時価総額が基準に必要な10億円を上回った。

曙ブレーキ工業は9月18日に銀行団と借入金の一部免除について合意した。債務総額に占める債務免除額の比率が上場廃止基準に触れたため再建計画を申請、東証が審査していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません