/

この記事は会員限定です

93~04年卒の氷河期世代 、愛知が支援 人材確保の源に

[有料会員限定]

バブル崩壊後の1993年から2004年ごろまでに卒業した「就職氷河期世代」に再び光が当たりつつある。愛知県は経済界や労働団体と連携し、経済情勢で不安定な就労を余儀なくされた30代半ばから40代後半の人と企業を橋渡しする。人手不足のなか、戦力として期待がかかる。

「国内に眠る労働力の掘り起こしになる」「中途採用に企業の抵抗感は減っている」――。県と愛知労働局などが9日に開いた「あいち就職氷河期世代活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン