三菱電機、専用車両でインフラ監視 作業を3割減少

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱電機は走行する車両で道路や鉄道などのインフラの状態を監視するサービスを拡充する。現在は2台で運用している計測用車両を2020年に1台追加し、点検作業員の不足に悩む顧客のニーズに応える。車両による計測や解析のデータ、地図情報システムを組み合わせて、地図上から対象の施設や設備の状況を確認できるサービスも順次進める計画だ。

トンネルなど暗い場所でも見える赤外線レーダー装置と、複数の高解像度カメラを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]