「海辺の1000キロ歩道」発信 みちのくトレイル関さん

2019/10/18 18:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月、東北の太平洋側沿岸部に1025キロメートルの長距離自然歩道「みちのく潮風トレイル」が全線開通した。2013年から環境省が中心となって整備を始め、東日本大震災の被災4県28市町村をまたぐ。管理や情報発信を担うNPO法人みちのくトレイルクラブ事務局長の関博充さん(46)は「歩くスピードだからこそ地域に暮らす人との交流が生まれ、自然のちょっとした変化も感じられる」と語る。

トレイルには6つの拠点…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]