/

福井コンピュータHD、19年4~9月期増益に

減益予想を上方修正

福井コンピュータホールディングスは18日、2019年4~9月期の純利益が前年同期比37%増の19億円になったようだと発表した。従来予想は6%減の13億円だった。パソコンの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」のサポート期間終了を前に、主力の測量関連製品の更新が進んだ。

売上高は26%増の68億円。従来予想は6%増の57億円だった。4月の統一地方選と7月の参院選で出口調査システムが伸びた。入力端末を携帯電話からタブレット端末に切り替えたことが追い風となり、端末代を含めた同システムの売上高は当初の予想を2億円程度上回った。

20年3月期通期の純利益は、前期比5%減の27億円とする従来予想を変えていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン