高速道またぐ橋、耐震補強 西日本高速が全額負担

2019/10/18 18:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本高速道路会社は、高速道路をまたいで上を通る道路橋のうち柱が細いタイプの耐震補強費を全額負担する。本来は所有・管理する自治体が費用を負担すべきだが、橋が高速道路に落ちて通行止めになるのを防ぐ緊急対策として同社が肩代わりする。

高速道路をまたぐ橋は「跨道橋」(こどうきょう)と呼ばれ、高速道の建設の際に既存道路の代替として日本道路公団(当時)が建設し地元自治体に寄付した。そのうち「ロッキング橋脚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]