栃木県知事ら、台風被害の復旧で国に要望

2019/10/18 19:40
保存
共有
印刷
その他

栃木県の福田富一知事らは18日、内閣府の武田良太防災相と国交省の御法川信英副大臣と面会し、台風19号からの復興に関する国の支援を要望した。内閣府に対しては、住宅が損壊した被災者の生活支援の充実や災害救助法の適用範囲の拡大を求めた。国交省へは治水対策の推進に向け予算の増額や補助率の引き上げなどを要望した。

面会には佐野市の岡部正英市長(市長会副会長)と茂木町の古口達也町長(町村会長)が同行した。武田防災相との面会後に取材に応じた福田知事は「被災した自治体の財政負担の軽減に向け、特別の財政支援を要望した」と述べた。武田防災相は21日、秋山川が決壊するなど大きな被害の出た佐野市に視察に訪れる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]