/

女性巡査長が風俗店バイト 拳銃忘れも、停職処分

兵庫県警は18日、不適切なアルバイトに従事したほか、拳銃を駅のトイレに置き忘れたとして、鉄道警察隊の女性巡査長(27)を停職1カ月の懲戒処分とした。巡査長は同日、依願退職した。捜査関係者によると、バイト先は大阪市内の派遣型風俗店。

県警によると、巡査長は5~9月ごろ、休日や宿直勤務明けに約20回バイト先で働き、計約30万円の報酬を得た。食事代などに使っており「信頼を裏切った」と話している。

また、9月29日午後、実弾入りの拳銃や手錠を装着したベルトを同県相生市のJR相生駅女子トイレ個室のフックに引っ掛けて忘れた。約1時間20分後、利用客が見つけて駅に届けた。

風俗店勤務については9月初旬、内部の情報提供があり、県警は拳銃の置き忘れと併せて調査。一連の行為が「警察の信用を失墜し品位を損なう」と判断した。北山正紀監察官室長は「同種事案の再発防止に努める」とのコメントを出した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン