/

浅田次郎さんらに菊池寛賞

日本文学振興会は18日、優れた文化活動に贈る第67回菊池寛賞に作家の浅田次郎さん、今年現役を引退したバレリーナの吉田都さんらのほか、NHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」を選んだと発表した。賞金は各100万円。贈呈式は12月上旬、東京都内で。受賞者と主な授賞理由は次の通り。(敬称略)

▽浅田次郎=中国の歴史を扱った長編小説「蒼穹の昴」から短編「鉄道員」まで、幅広いジャンルの作品で平成の文学界を先導。

▽吉田都=英国の2つのロイヤルバレエ団で最高位のプリンシパルを務めるなど世界的に活躍し、今年8月の引退まで多くのファンを魅了。

▽NHK「おかあさんといっしょ」=幼児向けテレビ番組の先駆けとして1959年の放送開始以来、長年にわたり親子の情操を育み続ける。

▽戸高一成とPHP研究所=旧日本海軍の中堅幹部が戦後行った約400時間の座談会の録音テープを集め、10年以上かけ全11巻の書籍に結実。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン