外資規制、例外措置を幅広く 政府が方針

2019/10/18 16:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は18日、外資規制を強化する外為法改正案を閣議決定した。中国の脅威などを念頭に、安全保障上重要な日本企業への外国資本の出資などへの規制を大幅に強化する。ただ当初案の段階で日本への投資に支障が出かねないとの海外市場関係者の声が出たため、資産運用会社などを対象に例外規定を幅広く設ける方針を明確にした。

改正案では日本の安全保障に関わる事業を手掛ける国内企業に対して、外国投資家が1%以上の株を保有…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]